仮想通貨リブラ(Libra)の将来性

仮想通貨リブラ(Libra)の将来性 資産運用
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

皆さん、リブラ(Libra)ってご存じですか?

2019年6月にFacebookを中心とした合併会社リブラ協会が発表したことで話題を呼んでいる仮想通貨(暗号通貨)です。

リブラは、

  • 価格変動が起きにくい
  • グローバル通貨を目指す
  • シンプルで誰にでも取り扱い可能とする

などの特徴を持つ通貨を目指しているようです。

これって、つまり、現行の現実通貨と同等の機能を有する仮想通貨の実現を目指しているということですよね。

また仮想通貨なので、銀行口座などを経由せずに例えばスマホなどがあれば、簡単に決済が可能となり、世界中どごでも物の売買が可能となります。仮にこの通貨が爆発的に普及した場合、現行の現実通貨とは違い各国の金融政策に縛られない自由な通貨が誕生することを意味しています。

そもそも、ビットコインに代表される仮想通貨が誕生して以来、「仮想通貨は国に縛られない自由な通貨となるのでは?」という期待をされてきました。ただ、ビットコインも含めてどの仮想通貨も価格変動が激しく、投機目的に一部の投資家によって売買されてきたという現実があります。

一方、リブラは上記の通り、価格変動が起きにくい仕組みを実装するので保有するリスクが少なく、決済通貨として世界的に普及する可能性を秘めています。ただし、リブラも万能ではなく、セキュリティの脆弱性や犯罪の温床になるのではという懸念も挙げられているので、今後の動向に注意する必要があります。

そうそう、肝心のリブラの購入方法ですが、リブラはまだ正式にリリースされておらずどの取引所にも上場していないため、残念ながら現時点では購入することはできません。正式にリブラ協会から購入方法等が発表された時点で当該ブログでも取り上げようと考えています。

今後、大不況や戦争など最悪の事態が発生した場合、現行の金融インフラに限界が生じる危険があります。そんな最悪の事態に備えて、資産の一部をビットコインやリブラなどの仮想通貨に移しておくことも重要な選択肢の一つだと考えます。

脱サラ・セミリタイア生活のポートフォリオの一部として仮想通貨リブラも検討したいので、ビットコインと合わせてリブラの動向にも注目して行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました