8月の投資方針まとめ

8月の投資方針まとめ 資産運用
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

8月が始まりました。

コロナの感染者の拡大が止まりませんね。。検査数を増やしているからとか、弱毒化しているから罹っても症状は軽微とか、心配しなくて良いという話も聞きますが、特効薬が無い状況ですし、後遺症があるなんて話もあるので、やっぱり怖さは変わらないです。

後、数日前にコロナの影響で解雇や雇い止めの人数が4万人を超えたと言うニュースもありました。各社の決算発表も基本的には悪いものが多く、これから大量倒産、大量失業が本格化する可能性大です。

そんな状況のせいか、また、日銀砲もそろそろ玉切れなのか、日経平均は先週後半からズルズルと下げ基調に入りつつありますね。非常にやばい状況だと思います。。

一方、アメリカでは先月の30日に、GAFAMのうち、Google、Apple、Facebook、Amazon、の決算発表がありましたが、Apple、Facebook、Amazon、の3社は増収増益でしたね。

当然の如く、昨晩、当該3社の株価は跳ね上がり、その影響なのかわかりませんが、ダウもS&P500もプラスで終わりました。あ、ナスダックはいつもの通り爆上げでしたねw。

今まで、アメリカ市場と連動するような動きを見せていた日経平均ですが、そろそろ置いて行かれる感じなのでしょうかね…?日本には、GAFAMのような超ハイテク企業は一つもありませんし…。

ということで、今月からは、日本とアメリカで株式市場は違う動きをする可能性があるため、今まで以上に両市場に注視していく必要があります。寝不足になること必至です…。

他にも、先週からドル/円が乱高下し始めたり、ビットコインが爆上げし始めたり、引き続き金が堅調だったり、複雑に絡み合った世界経済の今後の動き、目が離せない状況は続きます!

っで、8月の株価の状況ですが、個人的には引き続き、長期的には下落方向だと思っています。

上記の通り、ハイテク株に牽引される形で米国市場は持ちこたえている状況だとは思いますが、そんなアメリカのハイテク企業であっても、これから突入する大不況の波に飲み込まれる可能性は拭えません。

そうそう、後、アメリカと中国の関係もかなり微妙ですよね、、、まさか戦争になるとは思いませんが、そうなったら、とんでもないことになります、、あー、怖い怖い。

そんなこんなで、絶対とは言い切れませんが、個人的には、全世界的に大幅な株安、いわゆる二番底が近い将来やってくる可能性が高いと考えています。(あくまで、個人的な意見、妄想の域を出ませんが…)

不測の事態に備えて、引き続き、世界の株式市場とそれに影響がありそうなニュースを注意して見て行きたいと思います。

ということで、以下、一応、8月の投資方針です。これまでと基本的には変わりません。

  • タイミングを見計らって日経平均もしくはNYダウのショートポジションを入れる
  • NYダウが下がり出したらインデックスファンドを少しづつ買い増しする
  • 日経平均が下がり出したら401Kのポートフォリオのリバランスを行う
  • ビットコインをドルコスト平均法に則って少しづつ買い増しする
  • 金貯蓄もこれまで同様に定期買付を継続する
  • 基本的には国内/国外、ロング/ショートを様々な商品でバランス良く保有する

上げにしろ、下げにしろ、慌ててすぐにポジションを取るのではなく、様子を見ながら少しづつポジションを積み増しするように気をつけていきたいです。頭と尻尾はくれてやれ精神ですよ。

とにかく今月も、慌てない、慌てない。一休み、一休み。。で行きます!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました