損をするビットコインの買い方

損をするビットコインの買い方 資産運用
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

先日始めたビットコイン(Bitcoin/BTC)積み立てですが、その後、少しづつ買い増ししています。特に、本日、価格が少しづつ下げ始めたので午前中にも少し多めに買い増しを行いました。

前回、ビットコインの買い方について私の実体験を書きましたが、この時はいわゆる「販売所」での購入を行いました。

その後、確認したところ、ビットコインの購入方法には他にも「取引所での現物取引」という方法があり、どうもこちらの方法で購入した方が良いということに気が付きました。

そもそも、ビットコインの購入方法には、「販売所での売買」「取引所での現物取引」の2種類があることをご存じでしょうか。

前回、私が行った取引方法「販売所での売買」とは、その取引所の運営会社、私の場合であればCoincheck(コインチェック)が用意した販売所でビットコインの売買を行う取引形態です。

販売所が常時提示している値段での売買となり、売買注文を出したら即時に取引成立します。加えて、品切れという事態も起こらないので、確実に取引成立したい場合はこの取引方法が良さそうです。

数量を指定するか、金額を指定して注文するだけなので、初心者にも簡単な取引方法と言えます。尚、この取引方法は、後述する「取引所での現物取引」より手数料が高く設定されているので注意が必要です。

一方、「取引所での現物取引」とは、ユーザ同士が取引所において、価格や数量をすり合わせながら直接取引する方法です。

ユーザ同士の直接取引なので場合によっては注文が上手く通らないこともあります。後、この取引方法は「販売所での売買」と同様に値段を決めないで注文する、いわゆる成行注文に加えて、値段を指定する指値注文も可能となっています。

尚、上でも記載した通り、「販売所での売買」より手数料は低く設定されているので、基本的にはこちらでの売買が良いと思います。

ただし、Coincheckにおいて、スマホアプリでは「販売所での売買」しかサポートされていないため、当該取引を行いたいのであれば、Web画面からログインして取引を行う必要があります。

ちなみに、Web画面からログインした直後の画面から行える取引は限定的です。同画面からリンク可能なTradeveiw(トレードビュー)という取引ツールを別途立ち上げて取引することをおすすめします。

スマホアプリのトップ画面に大きく「購入」というボタンがあるため、ついついスマホアプリから購入、つまり割高な「販売所」で購入してしまいがちですが、これは誤りで損をしてしまうパターンです。

総合すると、基本的には「取引所での現物取引」で売買しておけば間違いなさそうなので、今後「販売所での売買」を行うことは無いと思います。

ちなみに、他業者も同じように「販売所」での購入は割高のようです。

危ない危ない。脱サラ・セミリタイア生活の身、こういった無駄な出費は気を付けたいものです。

皆さんも購入の際は、よくよく調べてから取引を行うよう気を付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました