人生が変わる瞬間

人生が変わる瞬間 自己啓発
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

現在は脱サラしてセミリタイア生活を送っている私ですが、その大元、最初のきっかけとなった時のお話をさせて頂きます。

それは遡ること14年前、リーマンショックの少し前の2006年の夏だったと思います。私は社会人となって既に10年を過ぎて30代に入っており、仕事をバリバリこなす立派な企業戦士となっていました。

令和の現在では少なくなったかもしれませんが、当時の私は、業務時間中は上司や先輩の指示に従ってガムシャラに仕事をこなし、仕事が終わったら同僚や後輩と飲み歩き、土日も会社の人間と花見やBBQを楽しみ、冬はスキーに行く、そんな昭和のサラリーマン的な生活を送っていました。

ただ、予定が入っていない土日は自宅近所で静かに過ごすことが多く、散歩がてら近所でランチをしたり、商店街のお店や本屋さんを散策するのが好きでした。特に、読書好きだったので本屋さんにはしょっちゅう通っていました。

そんなある日の週末、本屋さんで一冊の本と出会いました。

そう、超有名なベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」と出会ったのです。

当時の私は、読書好きではあったものの、漫画や小説がメインで、ビジネスや投資、自主学習など自己啓発的な書籍には一切興味がありませんでした。ですので、本屋さんでもそれらの本はスルーで一切視界に入っていませんでした。

ただ、その時は偶然にも「金持ち父さん貧乏父さん」が目に留まったのです。書店内の目立ところに積まれており、表紙がこちらを向いていたこと、表紙に目を惹くイラスト使用していたこと、また、帯が紫色という怪しげな色をしていたこと、などが理由だと思います。

  • ん?…何の本なんだろう?
  • 何々…お金持ちになるための本?
  • 表紙のイラストがいい感じで魅力的だなぁ
  • 紫の帯が黒魔術や錬金術などを彷彿させる
  • お金を生む出す魔法の本なのか??
  • 何か面白そうだなぁ

本が積まれていた棚の前を行ったり来たりして買うか買わないかを何度も迷ったのを今でも覚えてます。

今でこそ、気になる本は片っ端から読むようにしていますが、当時の私は本当に気に入った本以外は購入することが無かったので、本当に迷いました。まだ、若く、遊びたい盛りでもあったので、お金にそんなに余裕があったわけでもありません。決して安くはない、何だか怪しげな本でしたが、散々迷った挙句、最終的には購入しました。

帰宅後、早速、読み進めるのですが、その内容に衝撃を受けつつ、あっという間に読み終えました。読み終えた後、衝撃に放心するとともに強烈な焦燥感が襲ってきましたのを今でも覚えています。

  • 良い会社入って、一生懸命働けば幸せになれるんじゃないの?
  • ラットレース?奴隷?このままだと駄目なの?
  • どうすれば良いの?
  • 投資?何から始めれば良いの?

沢山の疑問と不安が襲ってきました。

この時の疑問や不安が原動力となり自分の頭で考えて行動、どんどん調べて気になることは何でもチャレンジする、という現在の行動スタイルが始まり、最終的には現在のセミリタイアへ繋がったのだと考えています。

いかがでしょうか。

人生を変えた一冊を挙げるなら、私は間違いなく「金持ち父さん貧乏父さん」だと答えます。まだ読んだことが無い方は是非読むことをお勧めします。

現在ならこの本と似た内容の書籍が本屋さんには溢れていますが、これが原点だと思います。古い本ですが、一読して間違いない一冊だと思います。

皆さんもこの週末は書店に出掛けてみてはいかがでしょうか。

私のように素敵な出会いがあるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました