不幸な老後を過ごさないために

不幸な老後を過ごさないために セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

今日は私が脱サラしてセミリタイアし新たな生き方を模索するきっかけの一つとなった考えについてお話します。

現在、私は40代後半、いわゆるアラフィフです。先日、脱サラした会社において、基本的に出世する見込みは無く、55歳から給料が減額され60歳で定年退職となる予定でした。再雇用制度もあり、定年まで会社にしがみつくことも考えられましたが、過去の記事でも書いた通り、当時の仕事に興味を完全に失っており正直、定年まで同じ仕事をし続けることが想像できませんでした。

一方、定年後はどのようにして過ごすのでしょうか。

現時点で、年金受給は65歳からとなっているため、定年退職したとしても、再雇用制度を利用したり再就職したりして、引き続き何等かの収入元を確保する必要があります。しかも、現在の年金制度は非常に危うい状態です。

本当に65歳から年金を貰えるのか、貰えたとしても現在の想定よりかなり少なくなっている可能性も否定できません。最悪、65歳以降も死ぬまで働き続ける必要があるかもしれませんが、いつまでも健康だとは限らないので現実的ではありません。

むむむ…今後、どうやって生きて行くんだ?

ぼんやりとした将来への不安が見え隠れしてきますよね…。

  • 減り続ける給料と仕事に対するヤリガイ
  • 将来的に危い日本の年金制度
  • 老いとともに不安が高まる健康問題

本当にこのままのほほんとサラリーマンを続けていて良いのか…。

…色々、考えて行くと、自分の時間と労働力を提供することによりお金を稼ぐ、サラリーマンという生き方を続けていては将来、破滅する可能性も否定できない気がしてきたのです。

では、どうするのか?

出した結論はセミリタイアして新たな生き方を模索することでした。

他の業種や会社に転職して新たな経験を積んだり収入アップを図ったりしても、初老の私には意味がありません。最低限の時間で、しかも、できれば楽しみながらお金を稼ぐ方法を生み出して、老後に備える必要があるのです。

そのためにも、まだ頭も身体も健康でバリバリ働くことができる今がラストチャンスだと考え、思い切って脱サラしてセミリタイアするに至りました。

まだまだ始まったばかりの挑戦ですが、引き続きいがんばっていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました