久しぶりにハローワークに行って来た

久しぶりにハローワークに行って来た セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

先日、久しぶりにハローワークに行ってきました。

目的はハローワークの職員の方に対して就職に関する様々なことを相談するいわゆる「職業相談」をすることでした。

ご存じの方も多いとは思いますが、通常、失業手当を受給するためには、ハローワークにて失業認定を受ける必要があります。

この失業認定、ただ、ボーっとしていても認定して貰えません。失業認定して貰い、失業手当を受給するためには、ハローワークで指定された、4週間毎に訪れる失業認定日までに、最低2回の「求職活動」を行う必要があります。

この「求職活動」に該当するものは、求人へ応募することや面接を受けることなど、実際の就職に直結する活動はもちろん、それ以外にも、ハローワーク内での活動や就職に向けた資格取得、公共職業訓練への応募など、多岐に渡ります。

今回、私が行ったのはこの「ハローワーク内の活動」のうち、「職業相談」という活動です。

この職業相談では、就職活動に纏わる様々な相談を経験豊富なハローワーク職員の方にすることができます。相談内容は込み入ったことから、素朴な疑問まで何でもOKのようです。

っで、本日、私はジョブチェンジする場合、つまり前職のシステムエンジニア以外の仕事で再就職する場合について、色々と相談をして参りました。

前回のハローワーク記事でも書きましたが、もちろん、現時点で急いで就職するつもりはありませんが、良い仕事があったら再就職もありだと考えています。

もちろん再就職する場合、これまでと同じような働き方をするつもりはありません。

給料はそこそこで良いので、なるべくストレスが少なくて拘束時間の短い仕事であれば、再就職しても良いかなと思っています。

その場合、やはり、前職と同様にSEとして再就職するのは本末転倒、またストレスフルな日々が待っている気がしますので、他の職業を模索しようかと。

まぁ、結論、まずは自己分析をちゃんとやって、やりたいことを明確にした上で、もう一度、来て下さい、という感じで終わりました。。。

それもそうですよね…。

ハローワークは職業斡旋の場なので、着きたい仕事が明確になっていなかったら職員の方も困っちゃいますよね…。もう少し、自己分析してから再度、相談させて頂きます…。

個人的には、疑問に思っていることをあれこれと質問させて頂いてすっきりしたし、活動実績1回分もGETしたので目的は達せられましたが、職員の方に少し申し訳ない気持ちになりました。

っで、帰り際に気が付いたのですが、私の通っているハローワークでは現在、コロナの影響で、ハローワーク端末で求職票を検索して、アンケートに答えるだけで、1回分の活動実績になるようでした。

この方法は何年か前に見直しされ廃止になっていたようですが、コロナの影響で一時的に復活しているっぽいですね。相談窓口の混雑軽減が目的なんでしょうか。

いずれにしても、これはラッキーですねぇ~。この方法がいつまで続くかわかりませんが、次回以降はこの方法も利用させて頂くことにします。

もちろん、素敵な就職先が見つかったら前向きに再就職も検討させて頂きますよ!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました