何にも縛られない自由な生き方を目指して

何にも縛られない自由な生き方を目指して セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

本日で7月も終わりですね。

セミリタイアしたからなのか、コロナの影響なのか、今年の7月は本当にあっという間でした。

例年だと、蒸し暑い梅雨に閉口しつつ、海やビアガーデン等を楽しみつつ、8月の夏休みを待ちわびながら過ごす7月ですが、今年は全然違いましたね…。

  • 普段なら鬱陶しい梅雨も、しっとり味わいがあったり、紫陽花が綺麗に色づいたりと、意外に良いものでした
  • 基本的には自宅待機、海やビアガーデンには行けなかったけど、それなりに楽しい日々でした
  • 脱サラしているので、変なストレスは無く、ノンビリと好きなことだけして過ごすことができた

脱サラ前に比べると地味な7月ではあったものの、健康で平和な毎日を過ごすことができました。

但し、毎日、ただ家に閉じこもってゴロゴロしていたわけでは無く、それなりに忙しい毎日ではありました。

忙しいといっても、サラリーマン時代のように、やりたくないことに時間を奪われ、あっという間に過ぎ去っていく7月ではなく、自分が心からやりたいことだけをして過ごす、本当に充実した1カ月だったと思います。

今月やったことを、順不同で振り返ってみます。

  • 毎日、妻とゆっくり映画鑑賞を楽しみました
  • 子供と過ごす時間が増えました
  • 散歩やベランダ菜園を楽しみました
  • 車を車検に出しました
  • ハローワークにも通いました
  • 散歩や外出の際は、ぱしゃぱしゃと写真撮影を楽しみました
  • ツイッターで沢山の人と知り合い、日々、癒されました
  • 当該ブログの更新も毎日欠かさず行いました
  • その他、瞑想や筋トレなどルーティンは極力続けるよう頑張りました
  • 4連休も頑張って色々企画して楽しみました
  • 本も沢山読みました
  • 資産運用も頑張りました

いやー、色んなことをして過ごしました。

それにしても、我ながら、凄いです。。。

いや、何が凄いって、これら全部、誰に強制されたわけでも無く、自分でやりたいと思った事なんです。自分でやりたいと思ったことだけして過ごして来たんです。

…これって、凄くないですか?

サラリーマン時代なら考えられない過ごし方です。当該ブログでも何回か書いてきましたが、サラリーマンは常に、毎日、何かに支配されているんですよね。

サラリーマンは…

  • リストラされるのではないか
  • 評価を下げられるのではないか
  • 面倒な仕事を命じられるのではないか
  • 無駄に残業させられるのではないか
  • 左遷や転勤されられるのではないか
  • いじめられるのではないか
  • 酷い叱られ方をされるのではないか
  • 皆に馬鹿にされるのではないか

会社や上司、顧客などに、何となく人質を取られている感覚とでも言うのでしょうか。自由じゃないんです。変に攻撃されないように、じっと息を潜めていないと行けないのです。

いやいや、それは言い過ぎでしょう…と言うご意見もあるかもしれませんが、少なくとも私はこういった鬱屈としたプレッシャーを日々、感じていました。

ところが、今の私は違います。誰の顔色もうかがう必要がありません。誰にも支配されていないのです。

これは本当に心地が良いです。この圧倒的な自由度、解放感、責任感、実際に体験しないとその凄さがわからないかもしれません。是非、一度、味わって頂きたいものです。

っということで、来月も引き続き、よろしくお願い致します。

来月以降も、何にも縛られない、真に自由な生き方を模索して行きたいと思いますので、当該ブログを今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました