梅雨だからこそ、お散歩しよう

梅雨だからこそ、お散歩しよう セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

すっかり梅雨入りしましたね。私の住んでいるところでは、じめじめ湿度の高い日もあれば、意外に涼しく快適な日もあります。

こんな梅雨の休日は自宅に引き籠って、お気に入りの本を読んだり、じっくり映画鑑賞など、まったり過ごすのが良いですね。あるいは、通勤再開などで疲れがたまっている方は、1~2時間お風呂でゆっくり半身浴をしたりするのも良いかもしれませんね。

ただ、折角なので少しだけでも良いので、是非散歩に出かけてみて下さい。

私、綺麗な草花や風景を見ながら散歩するのが大好きで、脱サラしてセミリタイア生活に入ってからは近所を妻と散歩するのが日課となっています。

この時期の見所は、もちろん、紫陽花(あじさい、英語:hydrangea)です。私の住んでいる街では5月下旬から紫陽花が少しづつ咲き始め、6月中旬の現在では様々な色の紫陽花が街のあちこちで咲き乱れています。

散歩しながら、同じ場所の紫陽花を毎日観察していると、小さい黄緑の花が段々と薄紫になり最後は凛とした深い紫色に変わっていく様を楽しむことができます。日々、少しづつ移ろいゆく、自然の美しさを楽しむことができるのもセミリタイア生活の良いところですね。

ちなみに、紫陽花って原産地は日本だったと言うことをご存じですか?日本最古の和歌集「万葉集」にも登場しており、古くから日本に自生していたようです。その後、18世紀にヨーロッパに渡り、品種改良されて、また日本に逆輸入された経緯があるようです。

紫陽花の花言葉ですが、色が移り行くためか「移り気、浮気、冷淡、無常」など、少々悪いイメージがありますが、これはヨーロッパの花言葉のようです。日本では、沢山の花が集まっていることからか「家族団らん、団結、友情」などポジティブなイメージの花言葉が多いようです。

後、紫陽花に関する歌も沢山あり、日本では、さだまさしさんやアリス、スピッツ、山崎まさよしさんなど、沢山のアーティストがしっとりと素敵な歌を歌われているので、お時間があればチェックしてみて下さい。

紫陽花はこれから最盛期を迎え6月下旬まで愉しむことができると思います。

雨だから、梅雨だから、と家でジメジメしていても心がますますふさぎ込んでしまうかもしれません。気分転換に、傘を片手にご近所散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。きっと良い一日になりますよ!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました