外出自粛下の4連休を終えてみて

外出自粛下の4連休を終えてみて セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

とうとう、楽しみにしていた4連休が終わりつつありますね。。

脱サラ前の私のように普通の企業にお勤めの方は、明日からまた過酷なサラリーマンライフが再開されます。

いやいや、私のサラリーマンライフはそんなに過酷ではないよー、っと言う方も沢山いらっしゃると思いますが、その方々はとてもラッキーだと思います。是非、今の仕事を大切に明日からもお仕事をがんばって下さいね。

っで、今年、セミリタイア後の4連休、しかも外出自粛下での4連休を終えてみて、私なりに感じた感想を書いてみます。

①自宅引き籠りでも意外に楽しむことが可能
食材調達のため、少しだけ外出をしましたが、天気が悪かったこともあり、4日間は基本的には自宅に引き籠っていました。

本来なら、海へ山へと思いっきりアウトドアを楽しむ所でしたが、今年は残念ながら自宅でゲームや映像、自宅グルメ等が中心の4日間でした。

現在は、自宅で楽しめる映像コンテンツが充実していることもあり、その点では飽きの無い毎日を過ごすことができました。(もちろん、桃鉄も超楽しかったです!)

食事も、流しそうめん、豪華焼肉、自家製ピザ、本格中華、煮込み料理、など自宅で安価に美味しい豪華なメニューをたらふく堪能することができました。

以上の通り、自宅待機でも意外と楽しむことができた4日間でした。

②セミリタイアしているので心から楽しむことができた
セミリタイアしている身のため、明日以降もある意味、私の連休は続きます。サラリーマン人生は既にゴールしているため、過去の記事でも書いていますが、連休中に仕事のことを思い出して絶望したり恐怖することは全くありませんでした。

このため、娘の勉強を見ている時、家族で桃鉄をしている時、流しそうめん台を制作している時、家族で映画鑑賞をしている時、美味しい食事をしている時、お風呂に入っている時、寝る時、目覚める時、カーテンを開ける時、…4日間、どんな時もその時間を心から楽しむことができました。

これは、何をする時も連休明けの仕事が頭をチラつき、何となく憂鬱な気分で連休期間中を過ごしたサラリーマン時代とは大きな差です。

自由な心で、家族との時間をゆっくりと楽しむ。とても安らかで平和な、本当に心地の良い4日間でした。

③子供と沢山、会話することができた
この4日間、子供とは、外で思いっきり遊ぶ代わりに、沢山の会話を楽しむことが出来ました。彼女の考えや夢、はたまた、日常に感じている他愛の無いことまで色々な話をすることができました。

サラリーマン時代の私であったら、ここまで会話を楽しむことは無かったかもしれません。自分自身、頭の中が仕事のことで一杯一杯なので、子供の話をゆっくり聞いてやる余裕など無かったと思います。

一方、セミリタイアした現在、自分の人生はもう程々で良く、どちらかと言うと子供達や若い人達の今後を応援したいという気持ちの方が強いです。

今後も、子供との会話を第一優先にしたいと考えていますが、将来、子供が大人になった際に当ブログが何かしらの参考になれば良いなぁ、そんなことを考えました。

以上、今年、外出自粛下の4連休を終えてみたセミリタイアおじさんの感想です。

最後に、明日からまた戦闘再開される方々へ一言。

人生は一度っきりです。与えられた時間をどう使うかはあなた次第です。良く考えて使いましょう!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました