海に行けなかった事件

海に行けなかった事件 セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

本日は、セミリタイア生活初のキャンプに来ています。天気も良く、キャンプ場も素晴らしいところで、まだ終わっていませんが、本当に大満足の一日になりました。

これから2泊3日のキャンプ生活に入りますが、何か面白いことがあれば、あらためて当該ブログに記事をアップしようと思います。

ところで、今日はキャンプとは別のお話を一つ。

今朝、キャンプ場に向けて車を走らせていたところ、過去の忌まわしい事件を思い出しました。

そう、名付けて「海に行けなかった事件」です。

過去の記事で書いた「コンサート行けなかった事件」と非常に似ていますが、もしかしてこちらの方がよっぽど酷い事件だったかもしれません。

それは、私が脱サラ前の会社に入社して確か2~3年が過ぎた頃、まだバリバリの若手だった頃の話です。

まだ仕事に情熱と熱意を持った若かりし頃の私、当時、平日は毎日終電ギリギリまで働いて、土日もどちらかは休日出勤する、年休?そんなもん使う暇なんかあるかーい、、、そんな昭和な働き方をしていました。

現在とは違い、昔、残業は青天井で、いくらでも出来ましたね。

ほんと、家には寝に帰るだけ、会社に泊まる日もざらにありました。

そんな激動の毎日ですが、長いこと取り組んでいたプロジェクトが一段落し、仕事が少し落ち着いた時期がありました。

丁度、今のように暑い夏の時期です。

「よし、海に行ってぱーっとやるぞ!」

日頃の鬱憤を晴らすべく、私は、会社の友人達と土日に海への小旅行を計画しました。

夏の海、ビール、ヤキハマ、海鮮料理、ひと夏の出会い…、、、夢は膨らみます☆

っで、いよいよ、旅行の当日。私は車を持っていなかったので、友人の車に乗せて貰い、一路、夏旅行へ出発です!

車を走らせること、2時間くらいが経過した頃でしょうか。後、少しで海に到着するという、その時。

ぷるるるる(どんな音だったかは、覚えてませんが…)

会社から渡されている携帯電話に着信がありました、、、何と会社の上司からでした・・・

「えええーー、まさかトラブル?」

恐る恐る、電話に出る私。

私「あ、はい・・」
上「休みの日にすまん、今、大丈夫?」
私「あ、はい・・・」
上「昨晩、トラブルが起きてさぁー」
私「あ、はい・・・」(ドキドキ)
上「大変なことになってるんだよねー」
私「あ、はい・・・」(ドクンドクン)
上「今から会社来れる?」
私「いや、今、海、でして・・」(汗)
上「海??そうなんだーいいねー」
私「はい、、」(わずかな期待)
上「電車代出るし、今から会社来てー」
私「うっ・まじっすか、、」(絶望)
上「うん、悪いけど、俺もすぐ行くし」
私「了解っす、、」(ギブアップ)

そこから、友人に事情を話、近くの駅まで車で連れて行って貰い、電車で一路、会社へ、、、今、思い出しても酷い話です。。

今考えると、全然、断っても良い状況だと思います。普段、一生懸命、仕事に身を捧げていたわけですし、本当に久々の休暇で楽しみにしていた予定もあるし。全然、断っても良いですよね?

ただ、当日、そんな空気はありませんでしたねー。

断ろうものなら、、、

「あーん?男たるもの、仕事が最優先だろう。何、甘いこと言ってんの?」

と一蹴されたことでしょう。

っで、当時、あまり覚えていませんが、私は、電車で2時間くらいかけて会社に戻り、トラブル対応に埋没して行きました。確か、土曜日だけでは対応が終わらず、結局、家に帰ったのは月曜日の深夜だった気がします。

幸か不幸か、旅行のために身支度は出来ていたので、会社に何泊でも泊まれる状況でしたw。。。

ほんと、あの時は地獄でした。

はぁ、、、折角のキャンプなのに、嫌な事を思い出してしまいました。。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました