用事があるので帰ります…

用事があるので帰ります… セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

前回の続きです。

30代前半、仕事のために楽しみにしていたコンサートを泣く泣く諦めた私ですが、その日を境に私の中で少しづつ変化が起きました。

  • 仕事をがんばっても、個人的な楽しみや喜びが蔑ろにされることがある
  • 前々から根回しや調整をしても、簡単に無視されることがある
  • 会社は自分を守ってはくれない、自分の身は自分で守るしかない

今、考えると、当たり前のことですが、当時の世間知らずな私はこんなこともわかっていなかったのです。

その後、私は、同僚と少し距離を置くようになり、また、先輩や上司に反抗的な態度をとることが多くなりました。

また、この頃から、徐々に、仕事への熱意が下がり始め、プライベートの時間を重視するように変わって行きます。

  • 上司からの仕事を簡単には受けない
  • 自分の仕事以外は手伝わない
  • 基本的に残業はしない
  • 定時になったらささっと帰る
  • 休日出勤も何か理由をつけて断る

随分、身勝手な感じですが、例の「コンサート行けなかった事件」があり、上司にも、しばらく、ネチネチと恨み節を言っていたので、先輩や上司も大目に見てくれていたのかもしれません。

その後、退職するまで、一環として上記のスタンスを貫いてきました。途中、先輩や上司が変わった場合でも、私の基本姿勢は変わりませんでした。

っで、前回の事件から10数年たった、ある日。

その日は、妻の誕生日でした。

奇しくも、前回の事件と同じように、夜に家族で食事をする予定でお店を予約していました。

当然、朝から周りや上司へこの事実を伝えて、当日も定時退社する気満々でした。

ところが、運命の悪戯でしょうか…。

またまた、担当していたシステムにおいて、大規模なシステムトラブルが発生しました。。。

…まじかよ、またかよ、、トラブル多すぎ!!

でも今回は、以前の私とは違います。

以下、上司(以下、「上」)とのやりとり。※ちなみに、この上司は「コンサート行けなかった事件」とは別の方です。

私「お忙しいところ、すみません。」

上「なに?」

私「今日は定時退社の予定ですが…。」

上「いや、それは無理でしょう?」

私「いや、勘弁して下さい。帰ります。」

上「まじで?こんな時に帰るの?」

私「用事があるので、申し訳ないですが。」

上「…もういい、勝手にして。」

私「すみません、お先です。」

とっとと帰りました。

いつも定時退社を目指していた私ですが、トラブル等、急ぎの対応が必要な場合、特に用事が無ければ残業して対応することもしばしばありました。

しかし、今回は、大切な用事があり、事前に調整もしていたので、定時退社する姿勢を崩しませんでした。

もちろん、以前の「コンサート行けなかった事件」での教訓もあったと思います。

もう、会社に振り回される人生は嫌だ。いつまでもイエスマンだと思うなよ。

こうして私は、脱サラ・セミリタイアへの道を加速させるのでした。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました