あんなに幸せだったのにどうした…?

あんなに幸せだったのにどうした…? セミリタイア生活
www.hikodon.com

こんにちは、彦どんです。

今日もイイ天気でしたねー。

ここのところ、毎日、良く晴れたとても気持ちの良い日が多いですねー。

昔からこんなに毎日、良い天気だったんでしょうか・・・?

私の場合、昔、サラリーマン時代は、平日、月曜日から金曜日まで、毎日、窓にブラインドがかかったビル内に朝から晩まで閉じ込められていたので、昼間の心地良い記憶はほとんどありません。

精々、今日のような天気の良い週末にだけこういった気分を味わうことが出来ていましたが・・・過去に何度も書いて来た通り、土日も週明けの仕事が気になって、折角のポカポカ陽気も心から楽しむ余裕なんて全くはありませんでした…

思い返すと、現在のこの感覚・・・

ポカポカ陽気の中、ゴロゴロ寝転がりながら、お気に入りの本を読んだり、好きな事をして過ごす感覚・・・

この圧倒的な多幸感・・・何となく、小学生の頃に良く似ている気がします。。

小学生の頃は、大きな悩みも無く、ただ毎日、朝から晩まで好きな事をして過ごしたものです。

もちろん、平日は学校に通う必要もあり、宿題等、それなりにやらないと行けないことはありました…

学校に行けば、ジャイアンやスネ夫のようないじめっ子や嫌な奴もいるし、家に帰れば親に宿題やったのー?部屋を掃除しなさい!遅刻するわよ~っと急き立てられ、小学生は小学生なりの悩みや苦労があったかもしれません。

ただ、あの頃の悩みなんて大したことではなく、、、

日が沈むまで友達と野山を駆け回ったり

週刊少年ジャンプの発売日が待ち遠しくて眠れなかったり

推理小説にハマって気に入った作家さんの小説を図書館で借りまくったり

ドラクエでメタルスライムを倒して大喜びしたり

紙と鉛筆さえあれば、いつでもどこでも、何時間も遊ぶことが出来たり・・・

ほんと、小学生の頃は毎日楽しい、この世の中は幸せでいっぱいでしたねー…

・・・

でも、大人になり、社会に出て、地獄のサラリーマンバトルフィールドで戦闘の日々を送って行くにつれて、、、

日が沈むまでカタカタとパソコンで資料を作成したり

翌日の会議が気になって気になって眠れなかったり

少しでも仕事に役立てばと自己啓発やビジネス系の本を図書館で借りまくったり

プレゼンで取引先からボコボコに叩かれて大泣きしたり

リモート環境さえあれば、いつでもどこでも、何時間も働くことが出来たり・・・

ほんと、サラリーマンの頃は毎日苦しい、この世の中は不幸でいっぱいでしたねー…

・・・

そんな苦しい苦しいバトルフィールドでの戦闘生活、私なりに25年間、精一杯、戦い抜いたつもりです

25年なんてまだまだ~、卒業するのはまだ早いぞー!…とか

一人だけ敵前逃亡して、恥ずかしくないのか!…とか

生涯現役!先輩方もまだ現役で頑張っているのに何を甘ったれているのか!?…とか

色々とご意見があるかもしれません、、、

あるかもしれませんが、私はもう決めました・・・

・・・

毎日、睡眠時間を削って、

まだ日が昇る前から出勤し、

組織のために個人の思いは押し殺し、

組織全体がハイパフォームするために心血を注ぐ・・・

昼間の時間帯をトップスピードで駆け抜けた後は、

ご褒美として30分だけの小休止を得る・・・

小休止が終われば、再びエンジン全開!

終電ギリギリまでトップスピードで燃え尽きる!!

金曜夜は花金と言う言葉に踊らされ、

命を削って手に入れたお金を夜の街に配り歩く・・・

何とか一週間の兵役を終えたあたな、

疲れ切って身も心もボロボロになったあなた、、、

また二日後に再開される不毛な戦闘のために、

折角の休日を今日も浪費す・・・

・・・

もう、こんな生活とはおさらばです。。

ってか、無理!!絶対無理っす!!

上記、書きながら思いました、、、

良く25年もこんな生活を続けられたなぁー…と、、

良く皆さん、定年までこんな生活続けられるなぁー…と、、、

でも、こんな風なサラリーマンって、私以外にもいますよね?

過去の私のように、追い込まれ、焦燥しきって、絶望感の中にいるサラリーマンが、

草葉の陰で咽び泣いているサラリーマンが、今もどこかにいらっしゃいますよね??

・・・

方やポカポカ陽気を楽しみながら小学生時代の多幸感を取り戻し、

方や刻一刻と迫る月曜日に心の底から恐怖する・・・

私の人生、たった一年で随分と変わったもんです…

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました